2013年4月6日土曜日

DJI PHANTOM 初めての改造

ラジコン初心者の私ですが、購入したジンバルを取り付けるため、初めてPHANTOMの改造に着手しました。本当は不器用なので、お金で解決できるものは、お金で解決したいくらいなのですが...お金ないしw。

ってことで、まずは開けてみました。


 真ん中の赤いのがNAZA-Mです

最初、モーターのネジまで外してしまい、後で苦労しました

 こちらがプロポ交換時に取り付けられた受信機のようです

 受信機とNAZA-Mの間は、ビッシリと配線されています

 「暇~っ」

本来の受信機は、NAZA-Mの下にあるボードのようです

 NAZA-Mは、M5,M6,F1,F2が空いています

で、実際にすることはと言うと、受信機とNAZA-M間の割り当てをチェックすることと、F1,F2にジンバルのサーボを取り付けることだけです。F1にはジンバルのロール側を、F2にはピッチを割り当てます。
NAZA-MのF1,F2にジンバルのサーボを取り付けました

その後、下の様にPCと接続して、この日まで動かすことができずに苦労したNAZAアシスタントソフトウェアを起動させます。ここですべきことは、ジンバルの制御をONにすることと、あとは、ピッチの動きが逆だったので、ソフトで動作を反転させること。あとは、ロールのセンター出しくらいでしょうか。実に簡単な作業です。普通の人なら。

 調整終了

最後にネジを付ければ完成です。
当初、プロポのAUX3レバーに割り当てられていたジャイロのゲイン調整が、この作業によってジンバルのピッチ調整用に変わってしまいました。で、ジャイロのゲインはと言うと...私の知識ではわかりません。

それ以外は、送信機を操作した際のNAZAアシスタントソフトウェアの表示から、これまで通りの割り当てであることを確認しました。






0 件のコメント:

コメントを投稿